本文へ移動
建築業界希望のきっかけ
 
間取りを見たりするのが好きだったことと、大学のキャンパスの都合で在学中に引っ越すことが多く、建物(物件)にも興味がありました。建物が建っていく様子を見るのも好きでしたし、建築の仕事は自分がやったことが形に見えるので、それがすごく面白そうだなと思ってこの業界を希望しました。
ストラクスを選んだ理由
 
元々、仕事をするなら現場に出たい、現場の職に就きたいと思っていましたが、建築業界で現場に女性が出るというイメージは自分でもあまり持っていませんでした。
しかし、ストラクスの会社説明会に参加した際「女性でも現場に出られますか?」と直接質問したところ、社長から「出られるよ」と言ってもらえたので、この会社を選びました。
今の現場について
 
現在は、工場の建物内に新しくクリーンルームを建てるという工事に関わっています。
工事内での仕事は主に書類関係がメインで、職人さんの人数管理をしたり、実際に現場に出て写真を撮って記録を取ったりしています。まだ出来ることは少ないのですが、職人さんに指示を出したり、簡単な管理業務を行っています。
現場に入って分かったこと
 
思ったよりも泥臭い仕事と言うのでしょうか、管理ですが自分でやることも多いと思います。でもその分、わからなくても職人さんに質問すると色々答えてくれるので、管理だけというよりは、思ったよりも現場に直に触れる機会が多いのだと実感しています。
職人さんと接して感じること
 
やはりひとつひとつがプロの仕事だと感じます。私たち管理をする側は全体的に浅く広く知識があるのですが、職人さんへ細かいことを聞いた時「普通だったらこうだけど、ここはこうしたほうがいい」と具体的に教えてくれ、工事を進めるにあたって工程の変更が出てきても、少し説明すれば臨機応変にすぐ対応して下さるので、すごいなと思いながら仕事しています。
仕事の上で気付いたこと
 
実際に現場に入ると、職人さんがいないと自分たちは何も出来ないと改めて思います。指示はこちらが出すのですが、実際に動いてくれるのは職人さんなので、職人さんあっての自分の仕事なのだと、とても実感しています。
エントリ―希望者へメッセージ
 
建築業界は繁忙期と落ち着いている時期があり、一年間でトータルすると普通なのかもしれませんが、忙しいときは本当に忙しいです。でも、その分甲斐のある仕事ですし、私自身仕事をしていて楽しいと思えるので、ぜひお勧めしたいと思います。
TOPへ戻る