経営理念

 
 
 
 
人との出会いを大切にし、
お客様、社員、そして協力業者の皆様と
笑顔で仕事を楽しみながら
共に価値ある未来を
創造していきたいと考えております。
 
株式会社ストラクス
代表取締役 山本克己

経営理念

「人と人との懸け橋となり価値ある未来を創造する」
 
 ストラクスという職場の中で共に働く仲間として、それぞれの多様な価値観を満足させるためには、お客様、協力会社、家族自分の周囲にいる人々との架け橋に自らがなることにより、多くの人々に幸福と満足を与えることが自身の喜びにつながり、お互いの豊かな未来を創っていく。そんな願いで経営理念とする。
 

社是

「礼を以て、和を成し、信を得る」
 
 仕事を通して私たちは多くの人との出会いがあります。その出会いの一つ一つを大切にしていくことが自己実現への第一歩であります。それにはまず、礼節をもって接することが慣用であり、それなくしては不信を招くのみであります。終始笑顔で仕事をし、和を保ち、信頼を得ていくには、礼からスタートし、常に馴れ合いになることに注意し、礼節を失わないように社是としました。
 

社名・ロゴマークの由来

 
私たちは、一人一人を尊重し、それぞれの自主性、主体性を重んじ、建物のリニューアル工事を通じて、活力ある職場、安らぐ住まいづくりを目指し、感謝の笑顔で幸福の輪を広げ、善良な企業市民として地域社会に積極的に貢献する。
社名の「ストラクス」とはドイツ語で「ずっと」「まっすぐ」という意味がある言葉です。「末永く存続していける会社でありたい」「自分の信じた道をまっすぐに進んでいこう!」という想いで名付けました。
ロゴマークは2つの輪で表現されており、お客様や協力業者の方々と輪を組んで、共に価値ある未来を創造していきたいという願いが込められています。
 

 

お客様・協力業者に対する考え方

 日本を代表する企業家である渋澤栄一氏の「三位一体」論にもあるように、人間は一人では生きていけない存在です。だからこそ、お互いに協力しつつバランスをとりながら、お客様、社員、そして協力業者の皆様と共に成長してまいりたいと考えております。